Top

Fuefuki city Library

Login

Search Result Details
Previous Next
難しい本を読むためには
Holdings: 2 Checked Out: 0
Available for Loan: 2 Holds: 0
Reserve
Item Status
石和図書館 <120836051>
Available / ヤングアダルト / / /019/ヤ/  / None
春日居図書館 <6520223329>
Available / ヤングアダルト / / /019/ヤ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-480-68433-2
ISBN-13 978-4-480-68433-2
Title (Kana) ムズカシイ ホン オ ヨム タメ ニワ
Author (Kana) ヤマグチ ショウ
Series Name (Kana) チクマ プリマー シンショ
NDC 019.12
Price ¥920
Publisher (Kana) チクマ ショボウ
Size 18cm
Number of Pages 265p
Related Subject 読書法
Related Study 読み方
Related Study Kana ヨミカタ
Related Study 読書
Related Study Kana ドクショ
Related Study 読書会
Related Study Kana ドクショカイ
Abstract 「わからない。でも読まなくちゃ…」 難しい文章に出会ったとき、誰でもできる正攻法がある! 文章を読むさいの原理的な指針、読解において活用されるテクニック、読書会のやり方などを紹介する。
AbstractForChildren 難しい本を読むとき、やみくもにページをめくっても、理解は深まらない。まずは正攻法の読み方を身につけよう!「難解な文章をどう読み解くか」の原理を論じ、じっさいの読書において頼ることのできるテクニックや、ひとつのテクストを複数人で読解する「読書会」のやり方を紹介する。
Author Profile 1978年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。同大学、大阪工業大学非常勤講師。博士(人間・環境学)。著書に「哲学トレーニングブック」「日本哲学の最前線」等。
Table of Contents
はじめに
Ⅰ 原理編
  1 この本で伝えたいこと
第一章 キーセンテンスを見つける
  2 キーセンテンスで主張をつかむ
  3 一文ずつに役割がある
  4 哲学者の文章で学ぶ
  5 理解は賛成と異なる
  6 初見ではピンとこない文章
  7 文章の真意を明らかにする
第二章 文章全体の主張を捉える
  1 部分と全体を制する
  2 読解は全体から部分へ
  3 長い文章は分けて読む
  4 十全なキーセンテンス
  5 「<私>の神秘」を読み解こう
  1 読解の矛盾
第三章 グルグル回りで読み解く
  2 グルグル回りに入り込む-解釈学的循環について
  3 整理された条件を読み取る
  4 理解を更新しながら読む
  5 「前から順番に読む」は落とし穴
  6 解釈学は読書以外にも役立つ
  コラム 解釈学との出会い
Ⅱ 方法編
  1 前半のふりかえりと後半に向けて
第四章 前提と結論に腑分けする
  2 前提と結論を見極める
  3 生産的な反論をしよう
  4 前提と結論の繫がり方
  5 批判しながら理解する
  6 言葉の使い方にも前提がある
  1 論理的な流れを明らかにする
第五章 話の流れを押さえる
  2 『暇と退屈の倫理学』を読み解く
  3 すべてわからなくても大丈夫
  4 全体の中でどの段階か意識する
  5 必要な箇所だけ理解すればよい
  6 対比することで主張は明確になる
第六章 その文章のどこが重要なのか?
  1 内容をつかむとはどういうことか
  2 <重要性を指摘する>ことが重要だ
  3 極端な主張する理由を理解する
  4 主張を自分事にする
  5 「この主張のどこが重要か」を応用する
  6 言葉の使われ方を丁寧に読む
  7 人生にとってどう重要か考える
第七章 具体例を挙げ、深く理解する
  1 本書の重要性について
  2 抽象的な主張は具体例で考える
  3 本当の理解には具体例が必要
  4 「恋する人は屍である」とは?
  5 ばっちりな具体例を見つける
  6 具体例の良し悪しの基準
  コラム 解釈の道具立てを使う
Ⅲ 実践編
第八章 ほかの人の「読み」を聞く
  1 読書会の有用性
  2 読書会開催の心構え
  3 メンバー集めについて
  4 読むなら「古典」がおすすめ
  5 読書会参加前の準備
  6 「空中戦」にならないために
  コラム 古典の重要性にかんする「踏み込んだ」説明
  1 名著『物と心』を読む
第九章 読書会をやってみよう
  2 とある読書会の架空レポ
  3 読書会にはリーダー役が必要
  4 とある読書会の架空レポ-つづき
  5 読書会に「論破」は不要
おわりに