笛吹市立図書館タイトル 笛吹市立図書館タイトル 笛吹市立図書館タイトル
[ホーム] [サイトマップ] 
トップページ 施設案内 利用案内 蔵書案内 インターネットサービス
おしらせ 図書館カレンダー 交通アクセス よくある質問 読書通帳
蔵書点検について

蔵書点検とは・・・?

 笛吹市立図書館には42万点近くの資料があり、毎日多くの皆様にご利用いただいております。蔵書点検では、それらの資料が正しい場所にあるか、 なくなっている資料はないかを職員全員で総点検します。

 蔵書点検の日程は、できるだけ皆様にご迷惑をおかけする事のないよう努力し、(開館中の作業は複雑になりますが)蔵書点検期間の1ヵ月前から、動きの少ない書庫の資料・車庫の団体貸出用保管資料・資料室の郷土資料などの蔵書点検を始め、一冊一冊を機械で読み込み、配列規制・清掃を行っています。

作業の手順
蔵書点検の様子 @本に貼ってあるバーコードを、ハンディターミナルという機器で一冊一冊 読み取っていきます。(この作業は蔵書点検期間の1ヵ月前から閉架資料を始め、開架資料は閉館期間の最初の2日間で終わる予定です)
蔵書点検の様子 A集めた在庫情報をコンピューターシステムに転送し、所在不明の資料の一覧表を作り、この一覧表を基に所在不明資料の館内捜索を行います。
蔵書点検の様子 B一度所在が分からなくなると、多くの資料の中から1点の資料を探し出す のは大変です。万が一、その資料を必要としている方がいても提供できません。ですから、この機会に間違った棚に戻された資料がないか、いつもより念入りに書架整理をしたり、分類番号に並べる作業をします。
蔵書点検の様子 C本の汚れを一冊一冊きれいに拭き取り、棚に入っている本を全て出して、 棚もきれいに拭き掃除します。
蔵書点検の様子 D最終的に、本や棚の汚れを再確認しながら館内全体の配列規制を行います。あわせて、普段なかなかできない棚の移動や本の場所の移動なども行います。 またこの期間に、古い資料をブックリサイクル用に抜き取る作業も行っています

蔵書点検の日程
各館によって日程は違いますが、以下のような作業を行います。

(石和図書館の例)
  • 12/1〜  書庫・車庫・資料室などの資料の読み込みと拭き掃除
  • 1/26〜27 開架資料の読み込み
  • 1/30〜31 不明資料の館内捜索・拭き掃除
  • 2/1    休館中のブックポスト資料の返却・配架
    (蔵書点検中はブックポストに返却していただけますが、返却作業は蔵書点検が終わり次第行います)
なぜこの時期に蔵書点検をするのか?

 合併以前は違う月に行っていましたが、現在では年間を通して一番貸出数が少ない月を統計にて調べ、なるべく利用者の方にご迷惑のかからないよう 市内の図書館で割り振りをして日程を決めています。また、日数においても以前より短縮し、開館中での作業を進めるよう努力しています。

 なお笛吹市立図書館では、休館日(年末年始を除く)が重ならないように設定しており、必ずどこかの図書館が開館し、利用者の皆様にサービスを提供しています。
 お近くの図書館が蔵書点検中の場合は、他の市内5館の図書館が開館しておりますのでご利用ください。

 利用者の皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。